冷蔵庫 のみ 引っ越し

冷蔵庫のみ格安で引越ししたい!

冷蔵庫 のみ 引越し

冷蔵庫 だけ 引越し

冷蔵庫 のみ 引っ越し

冷蔵庫 のみ 配送

冷蔵庫 のみ 輸送

 

引越しの時、1番困るのは大きな冷蔵庫です。

 

100s以上ある大型の冷蔵庫なんて、素人ではまず動かせません。

 

実はあまり知られていないのですが、引越し業者には冷蔵庫のみを運んでくれるところもあります。

 

それは一括見積もりサイトで簡単に見つけることが出来ます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引越しの荷物に冷蔵庫がない家庭というのはほとんどありませんので、引越し業者は冷蔵庫を運ぶ経験とスキルにたけています。

 

玄関に段差がある、廊下が狭い、2階に運びたい。
いろいろなパターンの引越しをこなしていますので、安心して以来することができますね。

 

さらに格安にするためには、引越し業者に競争してもらうことが重要です。

 

賢く活用して、良い引越しをしてくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

冷蔵庫をレンタカーで運ぶ

 

レンタカー 冷蔵庫

 

トラックをレンタルして自分で冷蔵庫を運べば費用が安いのでは・・・?
ちょっと考えますね。

 

レンタカーで冷蔵庫を運ぶ条件は@距離が近いこと A人手があることです。

 

まず配送先が遠方ですと、レンタカーで自分で運ぶというのは難しいです。
レンタカーでの運搬中に背の高い冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思うととても怖くてスピードも出せませんから時間がかかります。
そもそも費用が安く済みませんから、あまり得策とは言えないです。

 

レンタカーは最後にガソリン代を満タンにしてから返さなければなりませんので、少し早めにレンタル会社に向かわかねばならず時間に追われると気が焦り危険です。

 

あとは冷蔵庫を運ぶのを手伝ってくれる人が必要です。
冷蔵庫はファミリータイプだと100kg以上にもなりますから、1人で動かすことはできませんし危険です。
トラックに載せるのに持ち上げないといけないので、できれば男性が2人欲しいところです。

 

レンタカーの配送は安くなるイメージがありますが、実際はどうなのでしょう?

 

トラックの1日レンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいです。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などが必要ですが、もしこれだけで済むなら安いと言えますね。

 

しかし注意しないといけないのは、冷蔵庫を落として壊しても補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることです。
無理矢理引きずって動かしたりしないようにしてくださいね。

 

レンタカーでの冷蔵庫の配送は近場であればお得ですが、場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越し業者の繁忙期

 

繁忙期 引越し

 

引越し業者の費用は1年中いつでも同じではありません。
例えば同じ距離、同じ荷物の量で引越しをしたとしても、繁忙期と通常期では値段が大きく変わります。
これは冷蔵庫のみを運ぶ場合でも同じです。

 

では引越し業者の繁忙期とはいつでしょう?
繁忙期はズバリ3月のことです。
毎年3月は1年で一番引越しの件数が多く、引越し業者はどこも猫の手も借りたいほど忙しくなります。

 

日本では4月から新学期ですから、3月に新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越ししたりするからです。
それだけではありません。

 

日本の多くの会社では春と秋に大規模な人事異動があり、春の人事異動がちょうど4月の新学期前に行われるのです。
転勤の辞令が出たサラリーマンとその家族の引越し、さらに単身赴任をするサラリーマンの引越しもここに加わります。

 

通常の引越しもありますから、繁忙期は日本中の引越し業者が大忙しなのです。

 

この時期に引越ししたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者を押えておきましょう。

 

 

引越し料金を安くする方法

 

引越し 安い

 

できれば引越し費用は安い方が嬉しいですね。
一括見積もりをすれば、一番安い引越し業者を見つけることができますが、もっと安くしたいのであれば一括見積もりに申し込む前に引越し条件を見直ししてみませんか?

 

出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができるかもしれません。

 

まず3月の引越しはできれば避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることが出来ません。

 

冷蔵庫だけを運ぶ場合も底値が上がっていますから、他の月にしたほうが良いです。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので引越し費用があまり安くなりません。
狙い目なのは平日です。平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しであれば、午後からの引越しの方が引越し費用が安くなります。
引越しを希望する方の多くが朝から引越し作業を始めて、夜には落ち着きたいと思っていので午後の引越しは人気がないのです。

 

それに午後からの引越しは前の人の引越し作業次第では予定よりも遅れることもあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。しかしその不安定な分、料金が割引されるチャンスが高いので費用面でいえばオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなるのでオススメです。

 

 

引越しと粗大ごみ

 

引越し 粗大ごみ

 

家の中に捨てずに放置された家具や家電はありませんか?

 

これらの大きな家財を捨てる場合は、家電リサイクル法で定められた電化製品以外は「粗大ごみ」となります。
粗大ごみの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

 

リサイクルにはリサイクル料がかかります。
もし家電を買ったお店が近くない場合やすでに廃業している場合は、お住いの自治体に相談してみましょう。

 

ではほかの粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

Aの方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をして回収してもらえる日を予約します。
その後、コンビニやスーパーで販売している粗大ごみシールを買います。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。
シールは回収手数料なので、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

Bの自分で持って行く場合でも、まずは粗大ごみ処理施設電話で予約します。
捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れのないように先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認後、車の計量、粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。

 

100kgを超える場合は手数料がかかることがあります。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

 

 

冷蔵庫のみを運びたいけど、費用はどのくらいかかるのか?

 

冷蔵庫の送料は、運ぶ距離によって変わります。
さらに冷蔵庫といっても、大型なら100sを超えますし、小型なら一人で持ち上げることができます。

 

つまり、冷蔵庫の大きさ、重さ、運ぶ距離によってどんどん料金は高くなるのです。

 

ヤマトの家財宅急便で冷蔵庫を送るには近場でも8000円以上かかります。
これが高いのか安いのかわかりません。
遠方になればなるほど料金が高くなるので、もし遠方希望なら引越し業者に見積もり依頼してみて比べると良いでしょう。

 

引越し業者でも、冷蔵庫だけを運んでくれるところもありますよ。